土地売買の重要性|藤和ハウスで良い物件選びを成功させる|頼れる業者

藤和ハウスで良い物件選びを成功させる|頼れる業者

男女

土地売買の重要性

説明

どこに住むのか検討しましょう

住宅を建てる時は建物の方ばかりに気を取られてしまい、土地の方がおろそかになってしまってはいい家に住むことはできません。ではどのようにしていい土地を探すべきか見ていきましょう。昨今の日本社会は人口が減少しています。そのため都心回帰傾向が見られます。また自治体もコンパクトシティと呼ばれる、中心地に行政、生活、交通などを集めるまちづくりを進めているところもあります。そこで土地探しで重要になってくるのはどこに住むかというエリアの決定です。最寄りの交通機関までの距離、近隣の買い物などで利用する商業施設、学校や医療機関などを納得のいくまで検討することが何より重要です。

検討事項はまだあります

いい家を建てるためには、まずは土地売買を完了しなければなりません。エリアを決定するだけでは、土地探しは終わりではありません。慎重に検討しなければ、土地売買が完了した後になって、後悔することになりかねません。意外にも見落としがちなところは用途地域に関してです。都市計画法により、土地にはそれぞれの用途が決められています。この用途地域を見落とすと、土地売買が完了し、建物も建設し終わった後、目の前に高いマンションができ、日当たりが悪くなるということさえ起こりうるのです。希望の土地やその近隣の用途地域は必ず調べましょう。また土地と接する道路の確認も必要です。家を建てるには幅4メートル以上の道路に2メートル以上接していることが必要となります。もし前面道路の幅が4メートル未満の場合には、その分土地を削り道路として供給しなければなりません。以上のことに注意し土地売買に臨めば、いい家を建てる一歩を踏み出すことになります。